ふたりで選ぶ婚約指輪in銀座TOP » 婚約指輪の知っておきたい選び方 » 婚約指輪の意味、結婚指輪との違いとは?

婚約指輪の意味、結婚指輪との違いとは?

以下では、婚約指輪がどういうものなのか?という基礎知識を紹介しています。自分にとって特別となる婚約指輪を探すためにも、しっかりとした知識を持って銀座の各店をめぐってみてはいかがでしょうか。

婚約指輪とは

プロポースとともに贈られる婚約指輪は、いつからあるのでしょうか?また、結婚指輪とは何が違うのでしょうか?知っている様で意外と知らない、婚約指輪についてご紹介します。

婚約指輪の歴史

婚約指輪の歴史は、非常に古く紀元前1世紀、古代ローマの時代にまでさかのぼると言われています。当時は、結婚よりも婚約が重視されていた時代でした。そのため、将来、結婚する事を誓った恋人同士は婚約の儀式を行っていたのです。その儀式で2人の強い結びつきを表す鉄製のリングを贈っていた事が、婚約指輪の始まりとされています。

その後、時代の流れとともに、鉄製だったリングは金製が主流となっていき、キラキラと輝くダイヤモンドなどを添える事で「永遠に輝きを失わない」との願いを込めるようになりました。

この風習は当初、王侯貴族のみでしたが、19世紀頃、一般人へも広まっていきました。そして、日本へは明治時代に婚約指輪の風習が入ってきました。
 

結婚指輪との違い

結婚指輪は、夫婦の証として男女ともに身につけておくものですが、婚約指輪は、男性から女性へ「結婚を約束した証」として贈られるものになります。また、指輪を左手の薬指につける理由には諸説ありますが、その1つに、左手の薬指の血管は直接心臓に繋がっており、愛のパワーが流れているため。というものがあります。
 

婚約指輪の必要性

婚約指輪の起源と言われている古代ローマと違い、現代では、婚約自体がそれほど重視されているわけではありません。しかし、婚姻届を役所に提出し、法的に夫婦であると認められる結婚と違って、婚約自体には、なにも法的効力がありません。そのため、結婚する事を決めた男性が、将来の結婚相手である女性に、婚約指輪を贈り、女性がそれを受け取り指にはめる事で、互いに結婚を誓い合った、婚約した仲であるという証明にするのです。
 

婚約指輪の相場

かつて婚約指輪の相場は「給料の3ヶ月」と言われてきました。しかし、実際には、婚約後に行なう結婚式やハネムーン、新婚生活など、先々の出費を見据えて、無理のない範囲で準備する人がほとんどのようです。全体的に、10〜20万円程度の婚約指輪が多く、60万円以上の高額な指輪は、年齢があがるとともに若干増えるようです。

また、婚約指輪の価格差は、金やプラチナなど、指輪に使われている素材やデザインの違いもありますが、一番大きな違いは、ダイヤモンドの品質によるものだと言われています。

ページ上部へ