ふたりで選ぶ婚約指輪in銀座TOP » 婚約指輪の知っておきたい選び方 » ダイヤモンドの選び方

ダイヤモンドの選び方

美しい輝きを放つダイヤモンドは、世界一硬い鉱物であると言われています。その宝石言葉は「純潔・清純無垢・永遠の絆」。そのため、永遠の愛の誓いである婚約指輪に使われる代表的な宝石として、今も高い人気を誇っています。

特別な指輪に使用するものですから、選ぶ際にはきちんとしたダイヤモンドを見極めたいもの。そこでぜひ知っておきたいのが、ダイヤモンドのクオリティーの評価基準である「4C」についてです。

ダイヤモンドの評価基準「4C」とは

透明で美しい輝きを放つ宝石ダイヤモンドは、多くの女性にとって憧れの宝石。高価な宝石だということももちろんですが、大切な婚約指輪のダイヤモンドとなれば、しっかりとそのクオリティーを見定めたいとお考えになるでしょう。

そこで、婚約指輪選びの予備知識として知っていていただきたいのが、ダイヤモンドのクオリティーを評価する基準となる「4C」についてです。

「4C」というのは、「重さ(Carat)」「色(Color)」「透明度(Clarity)」「カット(Cut)」という4つの査定要素のことで、ダイヤモンドの品質はこの要素に基づいて評価されています。

まず、「重さ(Carat)」とは、ダイヤモンドの重さを示す単位のことで、1カラットは0.2グラムとなっています。

次が「色(Color)」で、ダイヤモンドの色をアルファベットのDからZまで全23段階で評価しています。最高評価はDで無色透明、評価が下がるに従って黄色みを帯びた色合いのダイヤモンドということになります。

続いて「透明度(Clarity)」は、原石に含まれる結晶になる段階でとりこんでしまった内包物などによって生じる、透明度の違いを評価するための要素。

最後の「カット(Cut)」は、原石を最も美しく輝かせるために、職人の手によりカットされた最終段階のダイヤモンドを評価する要素となります。

ダイヤモンドの輝きはカットで決まる

ダイヤモンドの評価基準である「4C」の中でも、「重さ」、「色」、「透明度」は鉱物であるダイヤモンドそのものが持つ性質です。しかし、「カット」の要素だけは人間の技術力が評価される要素となります。

しかし、最終的にダイヤモンドの宝石としての輝きを決定づけるのは、カッティングの素晴らしさに他なりません。原石そのものが持つポテンシャルの高さを十分に発揮させて、ダイヤモンドの美しさをより一層際立たせるためには、職人の高いカッティングの技術力が必須となるのです。

ですので、婚約指輪のダイヤモンドをお選びになる時は、「4C」の中でも特に「カット」に注目していただくのが良いでしょう。そんな「カット」の技術は、「プロポーション(カットの総合評価)」「ポリッシュ(研磨状態)」「シンメトリー(左右対称性)」の3項目で評価されます。

それぞれの項目において「EXCELLENT」「VERY GOOD」「GOOD」「FAIR」「POOR」の5段階で評価されていて、最高位のランクは「EXCELLENT」。3項目の全てにおいて高い評価を受けていればいるほど、手がけた職人の高い技術力が認められている証であり、同時に、そのダイヤモンドの輝きの美しさが高く評価されているということになるのです。

関連ページはこちら

ページ上部へ